釣り人のルールとマナー|ルールを守ってジギング船で釣りを思い切り楽しもう!

ルールを守ってジギング船で釣りを思い切り楽しもう!

船に固定している釣り竿

釣り人のルールとマナー

魚を釣り上げた女性

釣りに関しては様々な規制が存在しています。
これは自然環境を守るためであり、人の命を守るために決められた規制です。
釣りには大きく仕事として釣りを行う漁業と趣味の一環として釣りを行っている遊魚の2種類が存在しています。

漁業を行う人達に対しても勿論様々な規制が存在していますが、今回特にスポットを当てたいのが遊魚に関しての規制です。
遊魚者に対して行っている規制は各都道府県の漁業調整規則と呼ばれている物によって規制されています。
よく、釣りスポットに向かうと何かしら注意書きが書かれている看板は存在しています。
そういったところに書かれているのがいわゆる都道府県が定めている規制というわけです。

さらに細かい部分では湖沼や河川などの内水面で第五種共同漁業権を設定している場所ならば、遊魚規制が設定されていることもあります。
そして、中には海区漁業調整委員会および内水面漁場管理委員会による委員会指示が発動されている場合もあるのです。

こういった沢山の指示が発動しているところは大体希少種が存在しているところであったり、環境の悪化が現在著しく懸念されているような場所であったり、場所が危険な場所であったりするなど様々なパターンがあります。
いずれにせよこういったルールが敷かれている場所でルール違反をしてしまった場合には多額の罰金を請求されてしまうことあり、かなりの大事になってしまうこともありますので、釣りに行く際にはその場所のルールは絶対に守るようにしましょう。