釣りに必要な道具たち|ルールを守ってジギング船で釣りを思い切り楽しもう!

ルールを守ってジギング船で釣りを思い切り楽しもう!

船に固定している釣り竿

釣りに必要な道具たち

ジギング船

釣りを行う上では様々な道具が存在しています。
ひとまとめして、釣り具やタックルと呼ばれていますね。
例えば釣り針は実際に魚がかかる部分であり、ここにエサを付けて釣る釣り方は餌釣りと呼ばれます。
釣り糸も実は細かく分類されています。

ラインとも呼ばれていて、竿から仕掛けまでは道糸、釣り針を直接結ぶ部分の糸をハリスといいます。
そして、釣り道具のメインとも言える釣り竿はロッドとも呼ばれていて、先端側は竿先、手元側は竿尻と呼ばれています。

道糸が竿の内部を通っている種類の竿も存在していてその竿は中通し竿といい、糸を巻く道具がリールです。
様々な役割を担っているのが浮きです。
釣り糸の途中に付いていて、釣り針を一定の水深に保っていて魚が釣り針を食べていることや釣り針にかかっているということを知るという役目があります。
物によっては仕掛けをより遠くに投げる役割もになっている場合があります。
中にはおもりを付けることもありますね。
浮きは、アタリに対して敏感な「棒浮き」、流れの速い釣り場でも使いやすい「玉浮き」、木製の物が多く唐辛子のような形をしている「唐辛子浮き」、遠くに飛ばしやすい「水中浮き」、メジナに使用される「円盤浮き」、大物に使用する「チヌ浮き」、ヘラブナを釣る時に使う「ヘラ浮き」、小さい魚の食いつきまで分かる「タナゴ浮き」、感度の高い「発砲浮き」、電気浮きなど様々な種類があります。

他にも天秤、たも綱などが色々な釣り道具があります。
全てを揃える必要はありませんが最低限の道具と予備は持っておくようにしましょう。