ルールを守ってジギング船で釣りを思い切り楽しもう!

船に固定している釣り竿
ジギング船

釣りに必要な道具たち

釣りを実際にやろうと思うと色々な道具や仕掛けが必要になります。基本的には竿、ライン、リール、針、浮き、おもりがあれば釣りはできますが、これらの道具にも様々な種類と特徴があるのです。

釣り竿

ジギングは人気の釣り

ジギングは釣りをしている人の中でも人気の高い釣り方の1つです。
大阪では多くの人がジギングで大物のヒキを楽しんでいます。
そして、ジギングをする人が利用するジギング船というものも存在しています。

大阪近郊では明石など人気の釣り場へ連れて行っていくれるため、利用者も年々増えているようです。
明石に直接行くよりもアクセスや駐車場の設備などが充実している大阪のジギング船を利用した方が便利だと筆者も思っています。
少し遠方から来られた方は釣り予定日の前日にきて大阪観光などを楽しむのもおすすめです。

ジギング船に乗船して釣りをする際にはいくつかのルールが存在しています。
まず、船長が釣り開始のアナウンスをしたらなるべく早くジグをキャストする必要があります。
というのもアナウンスが入った時にはジギング船はバッチリ魚が多くいるポイントにつけているのです。
ですから、もたもたとしていたら魚が逃げていってしまいます。

そして、キャストする際には真下から数mする必要があります。
この際には潮の流れを見ておきに流れていれば真下でいいですが、内側に流れているのなら軽く沖側にキャストした方がいいですね。

もしもオマツリした際にはジギング船内にいるラインが絡んでしまったと考えられる相手にすぐに声をかけましょう。
トラブルにならないためにも謙虚な姿勢と出来るだけラインに傷が入らないようにすること、隣のアングラーと重ならないようにジグをキャストすることがポイントです。
ヒットした時はリールを巻くのを止めずにある程度ラインを巻き上げたらメジロサイズ以上なら船長に網の用意を頼みましょう。
小さい場合は自分で引き上げるようにしましょう。

そして、つり上げた魚は血抜きをして、クーラーで冷やしてしまうというのが主な流れですが、中にはいけすで魚を生かしておいて、港についてから処理する場合もあります。
ただ、いずれにせよナイフ・はさみは用意しておきましょう。

魚を釣り上げた女性

釣り人のルールとマナー

釣りに関しては様々な規制があります。それは人の命を守るためや自然環境を守るため、仕事として漁業をしている人たちの環境を守るためなどの理由があります。釣り人としてその規制に従った上で釣りを楽しむようにしましょう。

魚を釣り上げた少年

「ルールを守ってジギング船で釣りを思い切り楽しもう! 」の記事一覧です。